YJFX!の外貨exにかかるスプレッドは狭い?

YJFX!の外貨exにも当然のことですがスプレッドがかかってきます。外貨exのスプレッドは業界でも最狭水準にまとまっており、FXでの取引コストが気になるという方にもおすすめすることができます。米ドル円は0.4銭、ユーロ円が1.0銭、ユーロ米ドルが0.8ポイント、豪ドル円が1.2銭、英ポンド円が1.8銭と他のFX業者のスプレッドと比べてみてもYJFX!の外貨exのスプレッドの狭さがわかるかと思います。

 

もちろん、スプレッドは狭い方が良いに越したことはありません。その分取引コストが下がるわけですので当然のことです。特にデイトレードやスキャルピングをメインにしている方は取引回数がどうしても増えますのでその分スプレッドのコストが大きくかかってきます。ですのでYJFX!の外貨exはデイトレード、スキャルピングなどにも利用しやすいと言えるのではないでしょうか。

 

注目したいのはスプレッドだけではありません。YJFX!の外貨exは1万通貨以上の取引を行った場合は手数料が無料になります。ですので、スプレッドとは別にコストがかかってくることはなく、手数料を気にせずに取引ができるというのは大きなメリットだと言えるでしょう。ただしYJFX!は1000通貨にも対応しているのですが、1万通貨未満の場合は片道30円の手数料がかかってきますので注意が必要となります。ちなみにロスカット手数料は無料となっています。

 

YJFX!の外貨exは普段からスプレッドが狭いのですが、頻繁にスプレッド縮小キャンペーンを行っていますのでこれらを活用することによってさらにスプレッドの面で有利になる場合もあります。キャンペーンの内容については細かくチェックするようにしたいところです。

\ヤフーグループのFXを公式サイトで詳しくチェック/

YJFX!の公式サイトへ


YJFX!の公式サイトへ

YJFX!の公式サイトへ