YJFX!の維持率とロスカットをチェックして損失拡大を防ぐ

YJFX!の外貨exを利用してFXを行う場合タイミング良く売買することができれば非常に大きなリターンを期待することができます。しかし、その分リスクもありますのできちんとリスク管理を行うことはFXにおける重要項目の1つとなっています。YJFX!の外貨exでは「ロスカット」を導入しています。

 

YJFX!のロスカットが適用されるのは証拠金技術が20%を切った場合となります。ロスカットが執行されると全てのポジションが自動的に掲載され、損失を最小限に抑えることができるというわけです。YJFX!の証拠金維持率については有効証拠金÷取引証拠金×100となっています。

 

YJFX!のロスカットの例を考えてみましょう。外貨exの口座に15万円を入金したとします。1米ドルあたり100円で1万米ドル分を購入したとすると、必要証拠金は10万円ということに。これを証拠金維持率の計算式に当てはめてみると15万円(有効証拠金額)÷10万円(必要証拠金)×100=150%(証拠金維持率)ということになります。

 

もしもこの時点でレートが1米ドルあたり89.99円になってしまったとします。すると、評価損はマイナス10万100円になります。つまり証拠金維持率が49.9%にまで落ち込んでしまうということになります。YJFX!では「ロスカットアラート」という機能を搭載しており、証拠金維持率が50%以下になってしまった場合アラートメールが送信されるようになっています。

 

そこでさらにレートが下がってしまい、10ドルあたり86.99円になってしまったとしましょう。すると評価損はマイナス13万100円になり、証拠金維持率が19.9%になってしまいます。20%を割ってしまうとロスカットが執行されるようになっているため全てのポジションが自動的に決済されるということになります。

 

こうならないようにするためにも、まずはロスカットアラートの設定をしておくこと、ロスカットが起こらないように頻繁にレートを確認しておくように心がけることが大切です。

\ヤフーグループのFXを公式サイトで詳しくチェック/

YJFX!の公式サイトへ


YJFX!の公式サイトへ

YJFX!の公式サイトへ